キッズのためのシューズセミナー

 育ち盛りの子供の足に、どんな靴がよいのか悩みますよね?すぐに大きくなるので、気づけば靴がキツそうだったなんてこ

とも珍しくありません。子供の足はまだ骨がしっかりしておらず、幅や高さや形がどんどん変わっていきます。

 足に合わない靴を履かせていると、足が歪んで成長してしまう危険性も!特に骨が柔らかく成長が著しい3歳までの子供は

靴に違和感があっても自分で伝えることができませんので、しっかりと選んであげることが大切です。     

 

■こんな方はぜひご参加ください!

 

□どの靴をえらんでよいかわからない

□子供の靴のサイズはどれを選んでよいか不安

□最近子供の足が気になる

□子供の歩きに不安がある

□子供のかけっこが速くなるようにしたい

 

■講義概要

 

日程:2018年6日16日(土)10:00~11:00

*開場9:30

場所:リハビリデイサービスプラスワン

住所:山陽小野田市セメント町6-2太陽ビル1階テナント3

交通:南小野田駅から徒歩3分

定員:20名 受講費:無料

参加資格:3歳から小学生低学年のお子様、お子様を持つご両親、保育士等お子様をサポートする方

*お子様の参加歓迎です。マットは準備いたしますが、

おもちゃはありませんので各自準備をお願いします。

 

■講義内容

 

□足の構造と機能

□成長による変化

□望ましい靴の機能

□靴選びのチェックポイント

□足形計測

 

■講師プロフィール

道祖 悟史

 

合同会社アズユー代表社員としてリハビリデイサービスプラスワン・ランニ

ングサポートプラスワン・プラスワンセミナーズの経営、YICリハビリテーショ

ン大学校非常勤講師として理学療法技術について講義する。関連資格として

専門理学療法士(運動器)認定理学療法士(徒手)を有する。また社会活動と

して一般社団法人山口県理学療法士会理事を務める。

 

上條 貴弘

済生会下関総合病院リハビリテーション科小児部門にて主に小児のリハビ

リに従事する傍ら、下関看護リハビリテーション学校において非常勤講師と

して小児の理学療法について、講義をおこなう。関連資格として、認定理学療

法士(小児)、呼吸療法認定士を有する。

 

 

 

メモ: * は入力必須項目です